プロのハチ退治なら安心しておまかせできます

繁殖力が高い

鼬

倉庫や屋内において、害獣による食害や糞尿被害をもたらすという場合は、イタチ駆除で対策を行なうという選択があります。上手く追い出すことによって快適に過ごせる空間がつくれるため、安心であるといえるでしょう。

もっと見る

蜂の存在に気づいたら

悩む女の人

蜂の巣を家の近くで見つけたら、プロの害虫駆除業者に相談することです。素人が蜂を退治するのは危険です。中途半端な駆除では、再び蜂の巣が作られてしまいます。近くの蜂の巣が撤去できても、完全な駆除はできません。普段から蜂を寄せ付けない工夫も大事です。

もっと見る

危険な作業は業者に依頼

ハチ

春先になると家の軒先や天井裏などに、ハチに巣をつくられることが多くなります。気にならないようならばそのままでもいいですが、ハチは刺激すると攻撃してくるので怖いと思ったら退治してしまうのもおススメです。ハチの巣が大きくなる前であれば、長い棒などを用いて落としてしまうのも1つの手です。ただ巣が大きくなってしまうと、反撃してくるハチも多くなるので刺されないように気を付けます。ハチの中でもスズメバチになると凶暴性も高まり、刺されると重篤な状態を引き起こす危険もあるので、専門知識をもつプロの業者に退治を依頼するようにします。当然費用はかかりますが、防護服を用意する手間や殺虫剤を購入する費用を考えれば、専用業者に頼んでも大差はありません。

ハチは一度駆除しても、再び違うハチが巣をつくることもあります。4月から5月にかけて女王蜂が巣を作る場所を探しているので、その時期に巣を作らさないように予防しておくのもおススメです。スプレーするだけで予防ができるものも市販されています。住宅密集地であれば、いくら自分がハチを気にしないとしても近所の人たちに迷惑をかけることもあるので退治した方が、近所トラブルになりません。ハチは甘い匂いや強い匂いに近寄ってくるので、退治する際はお菓子を出しっぱなしにしていたり香水をつけるのを控えておきます。退治する際に万一刺されてしまったら、体内に広がらないように傷口を抑え水でよく流します。アナフィラキシーショックで死亡するケースもあるので、30分程度は異常が出ていないか確認し、異常があるようであれば早急に病院で診断してもらいます。

やるべきこと

ハチ

自分で行う蜂の駆除は費用を抑えられて簡単な方法となりますが、同時に蜂に刺される危険もあります。安全性を確保するためにも、蜂や巣の駆除業者を利用することを検討しましょう。

もっと見る